【船橋駅セフレの探し方】仕事後に終電を乗り過ごしたキャバ嬢とセックス体験談!

pa10

投稿者様のプロフ
名前 あっきゃまん
年齢 48歳
職業 会社員
デート場所 船橋駅
利用したサイト ワクワクメール

 

【デートまでの経緯】

千葉県在住の48歳のあっきゃまんです。
年齢的には中年おっさんと言われても全然おかしくない歳ですね(笑)仕事はしがない会社員です。

最近、ワクワクメールという出会い系サイトをつかって仕事終わりのキャバ嬢を抱くことに成功しました。自分は船橋駅周辺に住んでいるのですが、この船橋というエリアは千葉では3本の指に入るほどの出会い系スポットであると言われています。

実際、出会い系サイトの掲示板を見ても千葉県エリアにおいては船橋の書き込み量はかなり多くなっています。自分もほとんど毎週末このワクワクメールという出会い系サイトの書き込みを見て、相手を探してセックスすることにしています。

基本的には大体セックス相手をワクワクメールで見つけることができて、独身の自分でも寂しい一人寝をする必要がなくなっています。つい先月の金曜日にも船橋駅で出会い系サイトの書き込みを見ていました。23時くらいから見ていたのですが、その日はなかなかいい相手が見つかりませんでした。しかし、1時くらいにやはりムラムラしてもう一度掲示版をみるとかなり膨大な書き込みがありました。

掲示板を見る時間帯やタイミングって本当に大事なんだなとこの歳で新たに勉強することが出来ましたね(笑)

 

【デートの流れ】

掲示板に書き込んでいる女の子の中で顔写真を掲載しており、その顔写真がアナウンサーの神田愛花に似ているTちゃんにメッセージを送りました。そうすると、即返信があり、西船橋駅の改札で待ち合わせることになりました。

西船橋駅に到着するとTちゃんがスマホをいじりながら待っていました。
出会い系サイトに載っていた写真そのままです。話しかけるとTちゃん、かなり酔っぱらっているよう…話を聞くとキャバクラ嬢で終電を逃してしまったので、泊めてくれる相手を探しているとのことでした。

とりあえずタクシーに乗せて自分の家まで連れていくことにしました。
自分の家に連れて行ってベッドに寝せるとTちゃん、すぐに服を脱ぎ始めました。そして、一言…「来て」と。理性をかなぐり捨ててTちゃんの胸に飛び込んでいきました。結局、その日はTちゃんの体を堪能し、次の日も夕方までひたすらTちゃんとセックスしてました。

 

【出会い系利用のアドバイス】

船橋駅エリアはキャバクラなどの水商売系のお店が多いところです。
このようなエリアでは夜を過ぎると終電を逃したキャバ嬢などからの「泊めてほしい」という書き込みが24時過ぎくらいから激増します。このような水商売系のお姉ちゃんを捕まえると簡単にセックスまで持ち込むことが出来ますし、部屋の提供だけで金銭的負担なしで済むことがあります。

実際、Tちゃんには自宅を提供しただけでした。水商売系のエリアでは1時くらいに書き込みをチェックするといい子が見つかる可能性が高くなります。48歳という中年の私が20代の可愛いキャバ嬢とエッチすることが出来たのはまぎれもなく出会い系サイトのお陰です。

普通にキャバクラに通っていたのでは絶対に成し遂げることが出来なかった偉業だと思いますね。大袈裟かな(笑)でも職場の同僚や先輩には絶対に教えたくないので完全に自分ひとりで楽しんでいます。教えてしまうとライバルが増えてしまうのであまりお話したくないんですよね(笑)

これを読んだ皆さんも周りには極力内緒にしていてください。自分の胸の中だけで留めておいてくださいね(笑)

投稿者様が利用した出会い系サイト

wakuwakume-ru

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティのワクワクメールですが、ジャンル問わずいろいろな出会いを探すことが出来ます。メル友から恋人、そしてアダルトな出会い。2001年に運営開始し会員数も530万人を突破しました。会員数も多いので出会いの確率も上がるのは当たり前ですよね。

男性・女性共に会員登録無料でさらにお試しポイント最大120Sプレゼント!楽しみたい分だけ前もってご自分で購入するので、料金請求などは一切ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人ガチ体験談

  1. syame
    当サイト管理人も実際にPCMAXやハピメ、さらにワクワクメールにミントC!Jメールなど全…
  2. santa03
    クリスマスシーズンは出会いを求める男女が多いと聞きますが本当そうですね。クリスマスに…
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)

カテゴリー

ページ上部へ戻る